2007年10月28日

不運の名軍師 真田幸隆

武田信玄の軍師で有名なのは、山本勘助ですが、真田幸隆も謀略にすぐれた名軍師でした。

山本勘助の存在をうたがう説もあります。真田幸隆が山本勘助のモデルとう学者もいるぐらいですから。

よく真田幸隆は孫子の兵法をつかいました。
戦わずして勝つという外交戦を得意としました。

当時の甲斐の国は隣国の信濃の半分ぐらいの国力しかありませんでしたが、これを攻略できたのは勘助?幸隆の外交戦が功をそうしてなしえたものです。
スパイを敵国に送り内部かくらんや、寝返る武将がいれば甲州金をもちいて買収しました。

信玄のころは幸隆も実力を発揮しましたが、勝頼の時代には、よそ者(甲斐国出身者以外)を受け付けない家臣団と意見があわず誰も耳を傾けてくれませんでした。

孫はあの日の本一の兵の真田幸村です。




右斜め上ここで山本勘助のマンガをさがそう



posted by しげる at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 参謀の生き様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45242701

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。